診療案内|練馬区 石神井公園近くの歯医者 須賀歯科医院

診療案内
  • TOP
  • 診療案内

一般的な歯科診療

少しでも多くの歯を残しお口の健康を保つため、できるだけ早めに、そして定期的に検診にお越しください。できる限り抜かない、削らない治療を実現するために、噛み合わせを調整しながら治療を行います。また、被せ物・詰め物やブリッジを作る際にも、その歯や周辺の歯にかかる負担を考えながら、長持ちする治療方法をご提案いたします。
患者さまがいつまでもご自分の歯でお食事を楽しめるよう、当院が身近な相談相手となれましたら幸いです。

もっと見る

予防歯科

歯磨きで取り切れなかった歯垢には、虫歯や歯周病の原因となる細菌がたくさん潜んでいます。その細菌が歯面に付着して増殖すると、バイオフィルムとなって歯に張り付き、歯ブラシでは取れにくく薬剤も効きにくくなってしまいます。そうしたバイオフィルムも、歯科医院で行う機械や器具を使ったクリーニングでなら除去できますので、歯と歯茎の健康のため、定期的においでください。
ご自宅での歯磨きについては、歯科衛生士が患者さまの視点に寄り添い、自分の経験を織り交ぜながら丁寧にアドバイスいたします。

もっと見る

歯周病治療

歯磨きや歯科衛生士によるクリーニングでお口の歯垢や歯石をなくしていくのが治療の基本ですが、きちんと歯磨きをしているのに改善が見られない患者さまもいらっしゃいます。そうした場合は位相差顕微鏡でお口の中にいる細菌を観察し、細菌を減らすことができる抗生物質を処方します。
当院では、患者さまそれぞれの原因や状態に合った歯周病治療に取り組んでいます。

もっと見る

インプラント

手術のリスクを抑えてインプラントを望ましい位置に埋入するため、当院では歯科用CTを活用しています。まず、ステントというプラスティック製の模型を作り、上下の噛み合わせを確認します。次に、ステントを使って撮影したCTスキャンデータに基づいて手術をシミュレーションし、お口の中の手術位置を示すサージカルテンプレートを作製します。これを使うことにより、血管や神経を避けて埋入しやすくなるのがメリットです。
当院が使用しているのは、ストローマン社のインプラントです。感染防止のため、空気はもちろん、治療器具の滅菌を徹底しながら手術を行います。

もっと見る

美容診療

黄ばみなど歯の色が気になる方には、ホワイトニングがおすすめです。当院で提供しているのは患者さまがご自宅で取り組むホームホワイトニングで、マウストレーに過酸化尿素のジェルを入れてお口に装着していただきます。
装着中に知覚過敏の症状が出ることがありますが、2、3日使用を中断するなど、ご自分でコントロールできるのがメリットです。歯の変色具合や状態により、使用期間やどこまで白くできるかが異なりますので、当院で詳しくご説明します。

もっと見る

入れ歯・義歯

また、一般的な部分入れ歯のデメリットは、取り外しするたびに金具をかける歯に力がかかり、グラグラさせてしまう原因になることです。そのデメリットがなくおすすめできるのが、ダブル金属冠を使った部分入れ歯です。これは、キャップを被せるようにして装着することで、残った歯を守りながら安定感を保つことも目指した入れ歯です。金属のワイヤーを使わないので、入れ歯であることが目立たないというメリットもあります。

もっと見る

小児歯科

お子さまの歯並びが気になる親御さまは、できれば男の子で8歳、女の子で9歳までに矯正治療をご検討ください。10歳半までは犬歯が生えていないので前歯だけの矯正で済む可能性があり、永久歯への生え替わりを利用して歯並びを整えることができます。
顎のスペースが足りない場合は、お子さまの発育を利用し、エキスバンジョンスクリューという取り外し式の装置をお口に入れて本来の大きさに顎を広げていきます。お子さまのうちに顎を広げることで、永久歯がきれいに並ぶスペースを作り、将来矯正のために歯を抜くリスクを減らすことができます。

もっと見る

矯正歯科

マウスピースは3ヶ月毎に型を取り直し、歯を1ミリずつ動かした新しいものと交換していきます。マウスピース矯正は、ほかの矯正方法では動かすのが難しい、金属の被せ物やブリッジをした歯も合わせて動かしていけるのが特徴です。
ただし、歯の位置を大きく変えるのは難しいというデメリットがあります。そのため、症状によっては、ほかの矯正方法と組み合わせて歯並びを整えていきます。

もっと見る

顎関節症

顎関節の動きは本来、下顎の骨の先端にある関節がお口の開閉とともに前後に動きます。それに対し、顎の違和感を訴えていらっしゃる患者さまの多くは、この関節を含めた下顎全体が奥にずれているので、本来の位置になるように調整します。診察したその日のうちに痛みを緩和しスプリントを作るようにしますので、お悩みの方はご相談ください。
なお、症状が重いなど状態によっては日本歯科大学附属病院特別診療部門と連携して治療いたします。

もっと見る