インプラント|練馬区 石神井公園近くの歯医者 須賀歯科医院

インプラント
  • TOP
  • インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯の抜けた部分の顎の骨に人工歯根を入れ、その上に人工の歯を固定する治療法です。
当院では、抜けてしまった歯の治療は、口腔環境が許されるならばインプラントをお奨めします。
なぜなら、抜けてしまった歯の周りの歯を削らずに、今までと同じ状態を作ることができるからです。
また、歯根が失われると顎骨が萎縮し、周囲の歯の骨にも影響が出てしまいますが、インプラントを埋入することにより骨は維持され、天然の歯と同じように食事や会話を楽しむことができます。

インプラント治療を精密に行うために

当院では、インプラント埋入において、データを利用しながらの精密な治療を心掛けております。

3D画像により綿密な治療計画を立てます

インプラント治療計画段階からインプラント埋入までを行うためにIcatナビゲーションシステムを導入しております。
専用ソフトウェアでCTスキャンデータを3D画像に変換し立体的に顎骨の状態を観察することができます。上顎や下顎の骨の状態から、今までのレントゲン(2D)では得られない正確な解剖形態を把握することができます。
また、骨質の状態もはっきり把握できるのでインプラントの種類、埋入位置、方向を決定するのに非常に有効です。
この3D画像によりシミュレーションを行い、綿密な治療計画を立てます。

噛み合わせも考慮します

ステント」と呼ばれるプラスティック製の模型を作成し、上下の噛み合わせを確認します。
これを用いて、歯牙の位置(噛み合わせから見たインプラントの位置)を決定し、これを装着してCT撮影を受けていただきます。

ステントとは

上下の噛み合わせを模型上でプラスティックで作製した模型です。
理想的な歯牙の位置(噛み合わせからみたインプラントの位置)を決定し、これを装着してCT撮影を受けていただきます。

精密な治療が可能です

「CTスキャンデータ」や「ステント」によりシミュレーションしたインプラントの埋め入れ、位置・角度が反映されたものが「サージカルテンプレート」という装置です。
これを装着し、インプラントを埋め入れるための穴を開けます。
サージカルテンプレートを手術時に使用することにより、精密なインプラントの埋入が可能になります。

サージカルテンプレートとは

シミュレーションで得られたインプラント埋入方向を決めたガイドでインプラント埋入時に口腔内に装着し手術を行います。

インプラント治療の流れ

インプラント埋入

アバッドメント装着

上部構造装着

インプラント手術の際には・・

当院では、手術中の感染防止に努めています。
空気感染はもちろんのこと、器具の滅菌は徹底しています。