インタビュー

  • TOP
  • インタビュー

できるだけ歯を抜かず、清潔な治療器具を使い、当たり前のことを着実に

当院では、できる限り抜かない、削らない治療をするとともに、患者さまに合った治療を心がけ、また、使用する治療器具はどれも滅菌を徹底しています。皆さまに気軽に足を運んでいただけるよう、当たり前のことにきちんと取り組んでいます。

<一般的な歯科診療>治療の痛みを和らげるために心がけていることを教えてください。

患者さまとコミュニケーションを取りながら、なるべく痛みが出にくいように治療しています。実は、虫歯を削っても神経に近くなければ痛みは出にくいのです。歯を削る振動を痛みと感じることもありますので、エキスカベータという手動の器具を活用して患者さまのご負担を軽減しています。
それでもやはり痛い場合や痛みが心配な場合は麻酔をしますので、遠慮なくお知らせください。表情を見て痛そうでしたら、こちらからもお声掛けします。また、麻酔は針の痛みを抑えられるよう、歯茎の表面にそっと打つようにしています。

<予防歯科>どうして予防していくことが重要なのでしょうか?

虫歯や歯周病を防ぐことが、ゆくゆくはQOL(生活の質)を維持することにつながるからです。
歯周病などで歯を失って入れ歯になると、残念ながら天然の歯と同じようには噛めません。特に、顎の骨がしっかりとあることが入れ歯の使い心地には重要ですので、歯周病で骨が減ってしまいますと、入れ歯も安定しづらくなってしまいます。例えばアワビのようなコリコリとした食感の食材を楽しむには、歯や顎の健康が欠かせません。
お年を重ねられてもお食事を楽しめるよう、予防に取り組み、病気になった箇所はぜひメンテナンスを続けていただければと思います。

<歯周病治療>歯周病を良くしていくにはどのようなことが大切でしょうか?

望ましい歯磨きの方法を知ることが大切です。意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、強く磨いたり歯周ポケットの中に歯ブラシの毛先を入れたりすることはおすすめできません。歯ブラシが当たりやすい箇所だけ歯茎が下がって歯根がむき出しになってしまい、支えている骨も下がってしまうリスクがあります。ぜひ、歯科衛生士から歯磨きのアドバイスを受けてください。
また、当院では患者さまに歯磨きの意欲を高めてもらえるよう、位相差顕微鏡でご自身のお口から採取した歯周病菌を見ていただいています。最初はぴんとこないかもしれませんが、その細菌を歯磨きで減らしていこうと思っていただけましたら幸いです。

<インプラント>須賀先生の考えるインプラントの良さとはどこにありますか?

ブリッジと違い、周りにある健康な歯を削らなくていいのがインプラントのいいところです。周りの歯がすでに被せ物をしてある状態ならブリッジによるデメリットはないように思えますが、その歯が悪化して抜くことになればブリッジの土台がなくなってしまうことになります。
周囲の健康な歯への影響を考え、顎の骨が十分にある患者さまでしたら、やはりインプラントをおすすめします。

<美容診療>セラミック治療における須賀先生のこだわりを教えてください。

美しい歯にするとともに、噛み合わせを考えて製作することにこだわっています。せっかく美しい歯を作っても、噛み合わせが悪く負担がかかれば割れてしまうからです。
例えば、日本人は前歯が出っ張っている方が多いのですが、見た目を優先して出っ張りを抑える形の被せ物にしようとすると、歯をたくさん削って神経まで抜かなければならないことになります。削る量を抑えると、被せ物が取れやすくなり、厚みが足りないので十分に色も合わせることができません。
美しい歯を快適に使ってもらうため、噛み合わせを考慮し、バランスの良いセラミックの歯を製作しています。

<入れ歯・義歯>ぴったりの入れ歯をつくるために大切にしていることはありますか?

今お使いの入れ歯や仮の入れ歯を使って試行錯誤し、ぴったりになるよう噛み合わせや高さを調整することを大切にしています。そして、そうして突き止めたその患者さまにとっての望ましい形から型取りをし、同じ形になるよう新しい入れ歯を作製します。患者さまから「入れ歯が合うようになった」と言っていただけるまで何度でも調整しますので、違和感がある場合は我慢せずにお知らせください。
もちろん、今お使いのものが快適で汚れが気になるだけでしたら、そのまま型を取るだけで新しい入れ歯を作ることができます。

<小児歯科>怖がっているお子さまに対してはどのように治療をすすめていきますか?

当院では、お子さまご本人が納得してお口を開けてくれるまで治療をしません。もちろん、押さえつけることもしない方針です。親御さまから「ぜひ今日治療してほしい」と言われたことがありましたが、その際はお子さまが口を開けてくれるまで治療台に座っていてもらい、「10数える間だけ治療するね」と言って少しだけ治療をしました。
1歳半検診や小学校の検診でお子さまに接することに慣れているからか、当院で怖がって泣いてしまうお子さまはあまり多くないように思います。検診で虫歯が見つかったら、そのままにせず、まずは歯科医院に足を運んでいただき、歯科治療に慣れるところから始めてもらえたらと思います。

<顎関節症>顎関節症はどのような状態になったら診てもらうべきと言えますか?

お口を開けづらいなど不便なことがありましたら、当院においでください。音がなるだけでしたら、多かれ少なかれ多くの方に見られる現象なので、あまり心配なさらなくてもいいかと思います。