義歯

審美的な義歯(コーヌスデンチャー)

欠損補綴においてインプラント埋入ができない場合もあります。
欠損部のまわりに歯牙があれば通常のブリッジが可能です。しかし、取り外しの入れ歯しかできない場合もあります。
これにはダブル金属冠(コーヌステレスコープ、レジリエンツテレスコープ)を使った義歯をお奨めします。
通常のワイヤーで入れ歯を維持する方法もありますが、これは、維持するところがワイヤーの先端部分なのでどうしても、くぎ抜きの作用で、ワイヤーを掛けている歯を動揺させてしまいます。
コーヌステレスコープ等の方法は、残存している歯牙を保護しながら義歯の維持安定を計る方法です。
また、ワイヤーを使用しないため、審美的にも優れています。

審美的な義歯(ノンクラスプデンチャー)

ノンクラスプデンチャーは、金属クラスプ(ワイヤー)を使わず、弾力のある樹脂で維持する義歯です。
金属クラスプがないため審美的に優れ(目立たない)、薄くて軽く、われにくい義歯です。
症例によっては、金属床を併用する場合もありますが、目立ちません。